交通事故(むちうち)、自律神経失調症、カイロプラクティック、美容鍼灸(美顔鍼)、体幹トレ、産後骨盤矯正、小児の姿勢バランス矯正、子供のスポーツ外傷、大阪市城東区・東成区、「深江橋駅」徒歩3分(えのもと整骨院・鍼灸院)

脊柱管狭窄症

他院の先生が学びにくる◎効果の高い施術◎

多くの研修の証や実績を表彰された数々

【大阪市城東区/東成区・深江橋で『脊柱管狭窄症』専門治療なら当院へ】

 

あなたはこのような事で悩んでいませんか?

  • 病院で脊柱管狭窄症と診断され「手術しかない」と言われたが、手術せずになんとか治したい
  • 脊柱管狭窄症の手術をしても、結局痛みとしびれが残っている
  • 何をするにも腰痛があり、痛くて動けずやる気も起きない
  • 少しの間歩いていると腰から足が痛くなってしびれも出てくる
  • コルセットが手放せず、一人で出かける事も不安で出来ない
  • リリカやプロレナールなど飲み続けても効果が少ない
  • 接骨院での保険治療では効果を感じられない
  • 病院の注射や痛み止め薬ばかりにはもう頼りたくない
  • この痛みと一生付き合っていくしかないとあきらめている

当院独自の施術で根本から解決します!

上記の記述した事は実際に当院に来院された患者さんが感じていたことです。

もしあなたに1つでも当てはまるのであれば、当院が必ずあなたのお役に立てられます。

脊柱管狭窄症を本気で治したい気持ちが少しでもあるのなら

このままページを読み進めてください。

当院の脊柱管狭窄症についての考えかた

大阪市・城東区にある、えのもと整骨院院長がこれまで施術してきた脊柱管狭窄症に関しての考えかたを記述していきます。
施術実績として延べ60000回以上の施術実績から実際に治療に当たってきた患者さんの声を元に脊柱管狭窄症・腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・足のしびれ・太ももの付け根の痛み・足首のしびれ・ふくらはぎのしびれ…etcなど、その症状になってしまった原因から症状、治り方、悪化の仕方、治療法、セルフケア、治ってからの生活などについて述べていきます。

独自で経験してきた事例のため、記述している内容が教科書や医師の言うこととは違う部分もあるとは思いますが、その点も含めてご覧になってください。
当院院長の考えですと、一概に教科書に書いてあることや医師の診断が全て正しいとは限らないという考えかたもあり、その理由として実際に来院されている患者さんの痛みの原因や症状や治っていく過程を見ていると、教科書通りにいったことがありません。
ですので、当院独自の考え方が強い部分もあります。

脊柱管狭窄症とは何か?

人間の背骨は一つ一つを脊椎(せきつい)と呼び、脊椎には椎体の後ろに脊柱管と呼ばれる部分があります。
その脊柱管内は脳から繋がって脊髄が通っています。この脊髄は腰椎の1~2番の高さで馬尾神経になり、まるで馬の尻尾のような細い神経の束で下まで繋がっていきます。

この脊柱管の中に何かしらの変性が起こることで脊柱管内が狭くなり、その中を通る馬尾神経や馬尾神経から枝分かれして脊椎を出る部分の神経の根っこを圧迫することで脊柱管狭窄症になります。

上記の画像では椎間板の膨隆や靭帯の肥厚、変性した椎間板や椎体などにより脊髄神経や血管が圧迫されて発症した脊柱管狭窄症の図になります。

脊柱管狭窄症の発症年齢と原因は?

脊柱管狭窄症にもある程度発症しやすい原因があったり、年齢でも違ってきますのでご説明します。

発症年齢

脊柱管狭窄症が発症する年齢で多いのは早くて50代からで、多くが60代、70代、80代の方にみられることが多いです。
実際に当院に来院されている脊柱管狭窄症の方は60代~80代で最も多く、50代は少なくなっています。

発症原因

脊柱管狭窄症になりやすい人は過去に腰部に負担が掛かる運動を長期間続けていたり、普段から頻繁に腰を曲げ伸ばしするような動作を長期間続けていたり、長時間の座りっぱなしの動作や同じ姿勢を長時間取り続ける環境に身をおいている場合などです。

上記のように長期間の繰り返しの動作や同じ姿勢が最も影響していると考えられます。

結果として腰のどこかしらの部分に負担が掛かり続けることによって、椎間板の膨隆や靭帯の肥厚、変性した椎間板や椎体などによって脊髄神経が圧迫されて脊柱管狭窄症になってしまいます。
また、椎体付近の血管が圧迫されて、血流障害で腰痛や足のしびれを発症するとも言われており、深部の組織が原因になっているとも言われています。

反り腰の場合に脊柱管狭窄症の症状が出やすい?

大阪市・城東区にある、えのもと整骨院では多くの脊柱管狭窄症の方をみていますが、ほとんどの場合に痛みやしびれの症状が出る姿勢として反り腰になっている事が多いんです。
例えば、姿勢を良くしようと背筋を伸ばして歩こうとするとすぐに痛みが生じてしまい、逆に前かがみの体勢になると痛みが引いていく。

このように脊柱管狭窄症の方は反り腰で症状が誘発されます。

反り腰で痛みが出るには理由がある。

まずは画像を見て下さい。※脊柱管狭窄症119番より引用

脊柱管狭窄症の反り腰

画像では反り腰の姿勢になると、腰椎の後方に体重が乗ってしまい脊柱管内を圧迫してしまうという状態です。
すでに脊柱管狭窄症の方は背筋を伸ばそうとすると症状が強くなってきます。
また、長年の反り腰姿勢が原因で脊柱管狭窄症になってしまう方が多いということでもあります。

長年の姿勢や動作により腰椎の脊柱管周囲に機械的摩擦が生じ続けることによって、骨、靭帯などなんらかの変性が起きてくることが原因となりますね。

当院に来院された脊柱管狭窄症患者さんの症状

腰痛や坐骨神経痛の症状

実際に大阪市城東区にある、えのもと整骨院に来院された脊柱管狭窄症の方の症状を上げていきます。
あなたも脊柱管狭窄症でお悩みであれば似たような症状だと思います。もしそうであれば、少しでも症状を良くするためにも当院までご相談ください。必ずお力になれます。

  • 長時間歩いていると腰から足にかけて痛みが出てくる
  • ひどい時は20メートル歩くのもやっと
  • 体を反らす動作をすると痛くなり、体を丸めると楽だ
  • 歩いていて痛くなってくるが、一旦座って休んだら、また歩けるようになる
  • お尻からふくらはぎにかけての痛みやしびれを感じる
  • 重たい物を持つ動作は痛みを強くする気がする
  • ひどい時は寝ていても座っていてもお尻から足が痛くなってくる
  • 痛みの強い時は寝ている時に寝がえりが痛くてうてない
  • 足の血流が悪く、よく冷えを感じ、足をつることも多い

脊柱管狭窄症の固有症状「間欠性跛行」とは?

脊柱管狭窄症の固有症状として間欠性跛行(かんけつせいはこう)があります。

これは最初歩いていても痛くないのに、徐々に時間の経過と共に腰やお尻から足にかけて痛みやしびれが生じてきます。
しかし、痛みが強くなって座って少しの間休むと、また痛みが消えるのでしばらくは歩けるようになる。これを繰り返します。
この特徴ある症状を間欠性跛行と呼び、脊柱管狭窄症の際に見られる固有症状になります。

この間欠性跛行ですが、脊柱管狭窄症の重度症状の場合ですとわずか10メートル歩くこともやっとな状態の事もありますが、症状も軽くなってくることで100メートル痛みなく歩くことも出来るようになります。
実際に大阪市・城東区にある、えのもと整骨院に来院されている脊柱管狭窄症の方は最初は20メートル歩くことができなかったのですが、現在では家から近所の公園までの800メートルくらいなら痛みなく散歩ができるという状態まで回復しています。
症状によっては回復までに長期間かかる場合や、初期症状が強い場合ですと、最初はなかなか症状が変わらないこともありますが、根気よく治療していくことで痛みは引いていきます。

通院しても全然効果がない…間違った治療法

脊柱管狭窄症と診断され、手術をするほどでもない場合、または手術をしたくない場合には保存療法を選択されます。
多くの場合、病院や接骨院に通院した場に以下のような治療が行われます。

  1. ピリピリする電気を当てられるだけ
  2. 腰を牽引される
  3. 痛い所だけをマッサージする
  4. コルセットを処方されるだけ
  5. 脊柱管狭窄症に効くという薬を処方される
  6. 神経ブロックの注射を打ち続ける

上記のような治療やリハビリを繰り返し行っていきます。して、残念なことに実はあまり効果がないのも事実です。

薬や注射に関しては痛みがかなり強い時は必要となってきますが、薬を飲み続けたり、注射を打ち続けても効果がない場合はおすすめしません。
あくまでもその場しのぎの対策にしかなっていないため、薬の効果が切れた際に症状が悪化してしまうからです。

病院で「脊柱管狭窄症は手術しかない」と言われたけど?

脊柱管狭窄症の手術

多くの方は病院でレントゲン、MRIを撮影して、医師から「脊柱管狭窄症は手術しか治る術はありません」と宣告されることがほとんどです。

症状が軽い場合は薬(リリカやプロレナール、オパルモンなど)を処方されますが、ほとんどの場合はなかなか症状はなくなりません。

そのため、薬を飲んでも効かない。でも手術は嫌だ…でもこの痛みをどうにかしたい…と切実に悩んでいる方が当院に来院されています。

痛み止めを飲んでも効果がない?場合によっては最悪な事態も…

痛み止めは身体に良くない

脊柱管狭窄症と診断された方の多くは、よっぽどひどくない限り初期段階では手術ではなく、まずは薬での治療を勧められます。
リリカやプロレナール、オパルモンなどの薬を処方されて症状が落ち着くのを待つ状態になりますが、それがなかなか効果を感じられない方が多いようです。これは実際に当院に来院されている脊柱管狭窄症の方が実際に体感されています。

しかし少数ですが、薬を飲んでいることで痛みが緩和してくる方もいらっしゃいます。
その場合に、痛みが緩和してくることに関しては良い事なのですが、痛み止めが効いている間はある程度痛みをごまかしながら動くことができますが、薬の効果が切れると痛みがかなり強くなって動けなくなってしまう方もいます。そうなることが最も悪い事態を起こしてしまいます。

元々痛みはあるのに薬でごまかして痛みがなくなる→痛みが和らぐので普段通り動こうとする(脊柱管狭窄症の原因組織は治っていない)→結果として治るどころが症状は悪化し、また薬を繰り返す飲む。

この悪循環が始まってしまい、薬が効かなくなるくらいまで症状が悪化するとなかなか痛みやシビレは取れにくくなります。

脊柱管狭窄症はあきらめて放っておくと悪化する?

坐骨神経痛からの足のしびれ

脊柱管狭窄症では腰痛やお尻の痛み、足にかけての痛みだけでなく、しびれの症状まで出ていることが多くみられます。
そのような強い症状を放置しておくと痛みやシビレはなかなか取れなくなります。
それどころか、かなり強い症状になって手術しか選択肢がなくなり手術をしても痛みやしびれが残ってしまうこともあるんです。

そうならないためにも、脊柱管狭窄症と診断を受けた際に、まだ手術をしなくても良いと言われてからと言って放っておくのではなく、深部の原因組織を改善して元の健康な身体づくりをしていきましょう。

脊柱管狭窄症の症状は治ります!当院にお任せ下さい!

あきらめずに大阪市城東区にある、えのもと整骨院までご相談下さい。

当日のご予約は19:30迄にお電話下さい

※最終受付は、21時00分まで可

※トレーニングの最終受付は30分前となります。

 

推 薦 者 の 声

医師 : 内科医【 宋 美穂子 先生】

榎本先生の治療は、とにかく丁寧です。
詳しく問診・検査をおこない、現在の症状・原因・治療法などを骨模型などを用いて分かりやすく説明してくれます。しっかりと身体の状態を把握してくれているのが分かりとても安心ができます。
治療法も様々な手法をお持ちで、まさにオーダーメイドで痛みの原因を根本から改善できる
素晴らしい治療法だと思います。とても親身になってくれる真面目な先生なので、
私は安心して榎本先生を推薦します。

患 者 様 の 声

 

ご予約・お問い合わせ TEL 06-7505-4478 平日10:00~12:30/15:00~21:00 土・祝日10:00~15:00

メールでお問い合わせはこちら