交通事故(むちうち)、カイロプラクティック、整骨院、鍼灸、美容鍼灸(美顔鍼)、グラストン、体幹トレ、産後骨盤矯正、小児の姿勢バランス矯正、子供のスポーツ外傷、ダイエット(パーソナルトレ)、大阪市城東区・東成区、地下鉄中央線「深江橋駅」徒歩3分「榎本メディカルセンター(えのもと整骨院・鍼灸院)」

頭痛

他院の先生が学びにくる◎効果の高い施術◎

大阪市城東区/東成区・深江橋駅で『頭痛』治療を行なう整骨院

 

つらい慢性頭痛が改善され頭痛薬を手放せない生活から抜け出したい方へ

あなたはこのような事で悩んでいませんか?

  • 頭痛薬に頼りっぱなしで薬を手放す事が怖くてできない
  • 朝起きた時から頭痛がして何もやる気が起きなくなる
  • 頭が痛くてデスクワークに集中できず、周りに迷惑がかかる
  • 頭痛がひどく、吐き気まですることがある…
  • 片頭痛持ちで、もう治らないと思い込んでいる
  • 光りや音に反応した後に頭痛がしてくるのを治したい
  • 病院でCTなどの検査もしたが異常がないと診断されたが、頭痛がなくならないのでどうしたらいいのかわからない
  • この痛みと一生付き合っていくしかないとあきらめている

上記の記述した事は実際に頭痛がお悩みで当院に来院された患者さんが感じていたことです。

もしあなたに1つでも当てはまるのであれば、当院が必ずあなたのお役に立てられます。

 

《 当院の頭痛についての考え方 》

大阪市城東区にある、えのもと整骨鍼灸院院長がこれまで施術してきた頭痛に関しての考えかたを記述していきます。
施術実績として延べ80000回以上の施術実績から実際に治療に当たってきた患者さんの声を元に頭痛・緊張性頭痛・片頭痛(偏頭痛)・群発性頭痛・頚椎ヘルニア・肩こり・首こり・背部痛…etcなど、その症状になってしまった原因から症状、治り方、悪化の仕方、治療法、セルフケア、治ってからの生活などについて述べていきます。

独自で経験してきた事例のため、記述している内容が教科書や医師の言うこととは違う部分もあるとは思いますが、その点も含めてご覧になってください。
当院院長の考えですと、一概に教科書に書いてあることや医師の診断が全て正しいとは限らないという考えかたもあり、その理由として実際に来院されている患者さんの痛みの原因や症状や治っていく過程を見ていると、教科書通りにいったことがありません。
ですので、当院独自の考え方が強い部分もあります。

 

頭痛とは何か?

頭痛とは何か?

頭痛と聞くと軽い症状だと思う方もいらっしゃいますが、頭痛でお悩みの患者さんは本当に多くいらっしゃいます。
朝起きた時に痛い…仕事中に痛くなる…家事をしていても痛い…こんな状態では何をするにもやる気がなくなり毎日が嫌になってしまいますよね…

そして市販薬や頭痛薬を飲んでごまかして生活をしている、又はマッサージにいって気を紛らわしている。
当院にはそのような患者さんが多数いらっしゃいます。

頭痛を軽く見ないで下さい。

少し大げさかもしれませんが、痛みで仕事や私生活が充実して過ごせなくなる病だと認識してください。

放っておくと症状は重篤化して定着して治りにくくなりますので、このページを最後までお読みになって頭痛のことを理解してくださいね。

 

頭痛の種類と症状

一言に頭痛と言っても頭痛には種類があることをご存じですか?

種類によって症状の感じ方も違いますし、重度のものは一度病院で詳しく検査する必要のあるものもありますので見分けることも重要なポイントになってきますので記述していきます。

それぞれ頭痛には大きく分けて「緊張性頭痛」「偏頭痛(片頭痛)」「群発性頭痛」の三つに分かれます。ここでは重篤な症状である症候性頭痛(脳出血など)とは別で記述していきます。

それぞれに症状など特徴がありますので、あなたが今現在悩んでいる症状と照らし合わせてくださいね。

 

緊張性頭痛

頭痛持ちの患者さんの中で最も多くみられるのがこの緊張性頭痛または緊張型頭痛です。

教科書やインターネットで検索した場合には、どの頭痛が最も割合が多いなどは記述されていませんが、当院に来院される頭痛でお悩みの患者さんの割合では6~7割ほどが緊張性頭痛の患者さんです。

なぜ緊張性頭痛が最も多いのか?

これは当院に来院される緊張性頭痛の患者さんの仕事、趣味、睡眠時間などの生活習慣などを細かく分析していくと明確になったのですが、緊張性頭痛の患者さんは総じて過剰に筋肉に負担がかかる生活をしていることが原因としてあげられます。

この緊張性頭痛ですが、首や背中や頭にかけての筋肉や筋膜などが緊張して症状を発症する患者さんが非常に多いんです。いわゆる肩こり首こりなどからも影響を受けていることが非常に多くみられます。

筋肉が緊張する原因としては本当に様々な原因があります。
例えば…

・デスクワーク
・立ち仕事
・下向き作業
・長時間の運転
・長時間読書
・過剰なスマートフォンの使用

など、上記はほんの一部になりますが、原因は多岐にわたります。

緊張性頭痛の症状は?

症状としては筋肉によって頭を締め付けられるような痛みが出たり、首から後頭部にかけて頭の付け根を絞るような感覚になるとおっしゃる患者さんもおいでます。

当院に来院される頭痛の患者さんの場合は背部や肩部から首にかけて痛みを伴い、眼精疲労と目の奥に疲れや痛みを生じている方が多くみられ、ひどい場合は吐き気まで生じます。※吐き気に関しては片頭痛とも混同しやすいので後述します。

また、背部の痛みが重症化すれば頭痛と同じような感覚で胸の奥に痛みを感じたり、息苦しさの症状を発症する場合がありますが、これは肋間神経痛の症状も同時に出ている可能性があるので早急に対処が必要です。

 

片頭痛(偏頭痛)

こちらも良く耳にする頭痛の種類かと思います。

片頭痛も比較的多くみられる症状ですが、当院では2~3割の患者さんにみられます。

発症する原因としては、何らかの原因があり血管が拡張して周囲の神経を伸ばされたり刺激を受けることで様々な症状が現れます。

痛みの感じ方としてはズキズキ(ドクドク)するような脈打つ痛みを感じることが多く、その状態の時に頭を振る動作などをすると症状が悪化します。
痛みは最初は頭の片側のみに痛みを感じる方が多いのですが、次第に両側に出てくることもありますので、片側と決まっているわけではありません。

この片頭痛も症状がひどくなると吐き気などを訴える患者さんも多く見受けられますので症状が軽い内に治療を受けましょう。

・片頭痛の特徴

片頭痛には独特な特徴があります。
まず頭痛の前兆がある人、ない人に分かれ、前兆がある人は片頭痛持ちの方の2~3割程度にみられます。片頭痛の前兆として閃輝暗点(せんきあんてん)といって、目の前にチカチカ光が見えたり星の様な光が見えるといった症状と、視野の一部が欠損して見える症状があります。

他には肩こりや感覚の異常を感じたり、言葉を発することができなくなる症状が現れる患者さんもいらっしゃいます。

前兆以外の症状としても普段は気にならないような光や音に反応してしまったり、頭痛に伴って匂いを感じたりします。
身体を動かそうとして家事や運動などしようとしても余計に頭痛を感じたり、ひどい場合は痛みで寝込んでしまう場合もあるので注意しましょう。

・片頭痛の誘因は?

片頭痛を誘因させる要因としてはいくつかあげられます。

・生活週間の乱れや睡眠不足
・緊張状態が緩和してホッとしたとき
・うるさい物音がしたりザワザワと騒がしいところにいる時
・長時間の暑いお風呂やサウナ
・月経(女性ホルモンの影響)
・飲酒
上記のこと以外にも様々な誘因因子があります。

いずれもそこから自律神経系に何らかの影響を与えて血管の拡張からの片頭痛が起きると言われています。

また、「慢性片頭痛」という慢性化している片頭痛の場合は「頭痛薬の飲み過ぎ」が原因だとも言われていますので、いつまでも薬に頼っていると非常に治りにくくなりますので可能な限り頭痛薬を飲まずに生活しましょう。

 

群発性頭痛

こちらはあまり聞き慣れない頭痛かもしれません。

群発性頭痛の「群発(ぐんぱつ)」の由来は群発地震のようにある一定の期間に集中して頭痛が発症し、一定期間継続してから治まり、またある時期がくると一定期間頭痛が現れることから群発性頭痛と言われています。

群発性頭痛は非常に強い痛みを感じると言われており、ほぼほぼ頭の片側に痛みを感じ、一度発症すると1~2カ月間続きます。痛みとしては目をえぐるような痛みを感じたり、頭が割れそうな痛みで動かずにはいられない状態になります。
また、目の充血や鼻水を伴う症状もみられます。

・群発性頭痛の誘因は?

群発性頭痛を誘因させる原因には「飲酒」と「喫煙」があります。

この頭痛の原因自体は明確になっていないのですが、アルコールを摂取してから一定の時間の経過で頭痛が発症したり、喫煙時にも頭痛が発症します。

特に群発期に入っている場合は少量のアルコールの摂取でも頭痛がかなりの確率で発症しやすいため、群発時期の飲酒は控えましょう。

 

緊張性頭痛と片頭痛の判断は難しい?

ここまで頭痛の種類について記述してきましたが、緊張性頭痛と片頭痛はどちらなのか判断しにくいことが多いです。

それぞれに頭痛の出る頻度や時間などはあるのですが、症状が混同しており実際には教科書通りのような単純な症状の現れ方はしません。
片頭痛の場合だけは特徴的な「閃輝暗点」などの前兆症状があることで明確な判断はできますが、それ以外の痛みの感じ方や頭痛のでるタイミングが混同しています。

そして、多くの場合は「緊張性頭痛」と「片頭痛」の両方の症状がでていることが多いですので、早めの処置が必要になります。

 

痛みの感じている部分ってどこらへん?

頭痛の場所は?

頭痛はそれぞれに痛みの感じる部分があり、感じ方も違います。

この痛みの出ている部分も治療にあたる前の判断基準になりますので、あなたの頭痛はどれに当てはまるのか確認してくださいね。

・群発性頭痛の場合

片側の頭が痛くなると言われています。

 

・片頭痛

片側の頭が痛くなります。しばしば両側性に出てくることも多いです。

 

・緊張性頭痛の場合

頭が締め付けられるような痛みを感じ、重い鈍痛を感じることもあります。
当院に来院させる方い最も多いのがこの緊張性頭痛ですが、この緊張は頭だけではなく、首~背部、胸部に及ぶ筋緊張が影響して生じている場合があります。

ただ頭の周りが痛いだけではなく、首から上がってくるような痛みを感じたり、後頭部を締め付けられるような痛みを感じることもあります。
この際、多くの場合は筋肉が張っている自覚症状を訴えるかたがいます。

 

知らないと怖い危険な頭痛

知らないと恐い危険な頭痛

これまで記述してきた頭痛ですが、特別命の危機があるような頭痛ではありませんでしたが、ここでは危険性の高い頭痛について記述していきます。

・くも膜下出血

こちらはたまにテレビなどでも耳にする名前だと思います。
くも膜下出血とは、脳の中の動脈に出来る「動脈瘤(どうみゃくりゅう)」がなにかしらの影響で突然破裂します。
実際にくも膜下出血になった方は「急に頭をハンマーで殴られた感じ」と表現するほど強い痛みを感じることが特徴です。痛みから吐き気や意識低下などの症状もみられ、嘔吐することもあります。

好発年齢は40歳以上の方に多くみられますが、当院に来院されたくも膜下出血を経験した患者さんは20代の女性や30代の女性の方もいらっしゃるので、あくまでも40代以降に多いという認識でいてください。

脳動脈瘤(動脈の血管の分かれ目にできやすいコブのようなもの)はそれだけ年数が経過していないと出来ないことも多いと思われるので比較的年齢が高い方がなります。

・脳出血

飲酒や生活の乱れなどから高血圧になっている方に多くみられるのが脳出血になります。

脳内に出血するため激しい頭痛がでたり同時に吐き気を伴うことも多いです。その他には、言語障害でろれつが回らなかったり、手足のしびれや顔面部のしびれなどもみられます。

脳出血はよくくも膜下出血と同じように扱われますが別物ですので覚えていてくださいね。

・脳梗塞

脳血管の一部に塞栓(血管が詰まる)が起こり、その血管より先の部分に血液が流れなくなり脳の一部が壊死してしまいます。

脳梗塞の症状は血管が詰まる部位によって様々ですが、片側の手足のしびれや言語障害、視野障害など様々な症状がみられます。

ここまで、上記に記述した危険な頭痛は脳の重篤な疾患のほんの一部になります。

あまりに強い頭痛を感じたり、頭痛と共に手足のしびれを感じたり、ろれつが回らなくなって、意識もなくなりそうな時は早急に病院へ電話しましょう。万が一の時のために救急車を呼びましょうね。

 

当院に来院された頭痛患者さんの症状

当院に来院される頭痛患者さんは様々な症状を訴えて来院され、改善していっております。

その症状で患者様が実際に困っていた内容をそのまま記述していきますので、あなたの頭痛の症状と照らし合わせてくださいね。

 

  • 頭がガンガンして何をしていても集中出来なくて困っている
  • パソコンをしていると頭が締め付けられるような痛みがしてきて仕事が手につかなくなる
  • 朝起きてからすぐに頭痛がしてきて家事も仕事もやる気がなくなる
  • 定期的に頭痛がしてきて痛み止めが手放せない
  • バ〇ァリンなどがカバンの中に常備され、ないと仕事中や出かけている際に不安になってくる
  • 病院に行って脳の検査をしても「異常なし」と診断され、頭痛薬だけ出されたが、できるだけ薬は飲みたくないけどなんとか治したい
  • 首と背中が張ってくると頭痛が出てくる気がする
  • 細かい作業をしていると目の奥が痛くなってきて、それと同時に頭痛がでてくる
  • いろんな頭痛外来に行ったが治らず、少しでもいいので楽になりたい
  • 頭痛がひどくなると徐々に吐き気がしてきて胸が苦しくなる

上記の症状は当院に来院され、症状が改善していった患者さんのほんの一部です。

他にもこのような症状はどうなの?などの質問があればいつでも、どんな些細なことでもよいのでお問い合わせください。

 

頭痛の感じ方は人によって様々?

頭痛は人によって感じ方は様々

頭痛を感じる患者さんを数多く見てきて思うことは、頭痛の感じ方や表現の仕方が人それぞれ違います。

まず、「閾値(いきち)」という言葉は聞いたことがあるでしょうか?

閾値の意味はわかりやすいようにここでは痛みの感じる度合い、痛みを感じる沸点だと思ってください。

この閾値が高い人ほど痛みの症状が出るまでの期間が長く、閾値が低い人ほど痛みを感じるまでの期間が短いです。前者は「我慢強い人」後者は「大げさな人」と世間一般では思われがちですが、決してそのようなことではなく、閾値が高い人ほど重症な状態で来院する方が多く、閾値が低い人ほど軽度の症状の方が多いんです。

これは閾値の高い・低いに限らず、身体の組織自体は疲労物質や痛みの原因が同じような状態でも、痛みを感じにくい閾値の高い患者さんは重症にならないと症状を訴えないからです。

ですので、あなたも「我慢強い人」で、今現在ひどい頭痛がでている状態なら早めに対処しておかないとなかなか頭痛が取れない身体になってしまいます。

頭痛の感じ方として、患者様の訴える言い回しは様々なのですが、下記の言い回しが多いです。

・ガンガンする
・ズキズキする
・ギューっと締め付けられる
・頭皮に違和感を感じる(頭皮がしびれる様な感じ)
・重い感じがする
・突っ張る感じが伴う

など、様々な感じ方をします。

 

病院で精密検査をしても「異常なし」と診断されたけど…

病院の精密検査で異常はない

当院には病院や接骨院などに通院しても治らなかった患者様も数多くいらっしゃるのですが、その中でよく聞くことが多いのが

・病院で精密検査をしたけど異常なしと診断され、薬とシップのみで済まされた。

・肩回りをマッサージされて終わり

 

そういった患者様が非常に多いです。

まずは頭痛の種類によっては危険な症状の可能性もあるので病院で精密検査をすることは非常に大切です。

しかし、異常なしと診断されたのなら、必ず他に原因があるということです。

その原因を理解し解決することで症状は改善していくので決してあきらめないでくださいね。

 

もしあなたが、

痛み止め薬を飲んだり治療も受けているけど治らない…

早くこの頭痛をどうにかしたい…

そう思っているならお早めにご相談ください。

 

頭痛薬でごまかしながら生活しているとこんな怖い事態に…

頭痛を根本から治さず痛み止めで放置している方は少なくありません。

あなたは大丈夫ですか?

頭痛を根本から治さずに、その場しのぎで頭痛薬で対処していると気付いた時にはなかなか頭痛の症状が取れにくい状態になってしまいます。

なぜなら、仮に頭痛が周りの筋肉の緊張からきているとします。その場合に、痛み止めで対処していると筋肉の組織自体は改善していないのに、頭痛は感じないので仕事や家事などをいつも通りにこなしてしまいます。

こうなってしまうと、痛み止めで症状を抑えているときはいいのですが、薬の効果が消えてしまった時に薬を飲む前の状態よりも症状が悪化してしまう場合が多々あります。こうして頭痛が癖のようになってしまうんです。

身体と一緒で、頭痛も慢性化する原因があり、その原因を改善しないことには何度も症状がぶり返すことになってしまいます。

以上のことから頭痛薬のみで対処していると大変な事態に陥ってしまうんですね。

 

頭痛を放置してはいけない理由

頭痛を放置していては危険

これまで頭痛の種類についてご説明してきましたが、頭痛にはいろんな症状があり、重篤な疾患に繋がる頭痛もあります。

特に片頭痛は脳梗塞との関連性もあると言われていますので放置しておくとリスクが上がってきます。

そして、頭痛薬を慢性的に摂取していると陥りやすい「慢性片頭痛」になっている患者さんの場合は、放置して薬のみで対処していると更に頭痛がひどくなり→頭痛薬→頭痛悪化→頭痛薬というように悪循環に陥ってしまいますので早急に対処してくださいね。

当日ご予約は19:30迄にお電話下さい

※最終受付は、21時00分まで可

※トレーニングの最終受付は30分前となります。

 

お問い合わせ TEL 06-7505-4478 平日10:00~12:30/15:00~21:00 土・祝日10:00~15:00

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © えのもと整骨鍼灸院 All Rights Reserved.